CRM分析システム CRM Insight 併売分析
CRM Insight トップ > 併売分析

併売分析

併売分析は、一緒に買われる商品を見つける分析です。「ジャガイモを買った人は玉ねぎを買う確率が高い」といった情報を見つけ出すことができます。これは、ジャガイモを買った人に玉ねぎをお勧めすると、一緒に購入する確率が高いとも言えます。レコメンデーション(オススメ)の基本ともなる分析です。
CRM Insightでは、全体の中から一緒に買われる商品を見つける方法と、注目した商品と一緒に買われる商品を見つける2つの方法があります。

分析一覧へ

併売分析は、1人の人が同時に購入する商品を見つける、すなわちスーパーマーケットで1つの「カゴ」の中に入る商品を見つける分析のため「バスケット分析」とも呼ばれます。「同時に購入する」基準としては主に、同時購買確率を求めます。A商品を買った人のうちB商品を買った人がどの程度いるか、といういわゆる条件付き確率を求めることで、同時購買率の高い商品を見つけます。ただし、実際の販売数が極端に低い商品の場合、確率が高くても有効性は少ないため、ある程度の販売ボリュームのある商品を対象とする必要があります。CRM Insightでは、売上上位50商品のうち、全体の組み合わせの1%以上の併売数を持つ商品についてのみ抽出を行います。この抽出基準は、パラメータで設定可能です。

併売リスト

同時に購入される確率の高い商品のリストを抽出します。実際の同時購入数から、そのボリュームを見て取ることができます。