1. HOME
  2. 製品
  3. Monaco
  4. サポート

サポート

Monaco についてよく聞かれる質問と答えをまとめました。

Monaco についてよくある質問

  1. 既存の Excel ブックも使えるのか?
  2. どれぐらい早いのか?専用ツールよりも早いのか?
  3. なぜ100万回、1億回もシミュレーションをする必要があるのか?
  4. 100万回のシミュレーションをしても、Excel では結果を処理できないのでは?
  5. Excel の乱数は何が問題か?
  6. Excel とまったく同じ結果になるのか?
  7. Excel のすべての関数に対応しているのか?
  8. Excelの分析ツールに対応しているのか?
  9. Excel のアドオンに対応しているのか?
  10. うまく動作しない時のサポートは?
  11. Monaco を複数の PC で利用できるか?
1.既存の Excelブックも使えるのか?
そのままご利用頂けます。
インポート機能で Excelブックを読み込んだあと、[Monaco] → [乱数の定義] で乱数に対応するセルを指定し、[Monaco] → [結果の定義] で計算結果として集計したいセルを指定するだけです。
2.どれぐらい早いのか?専用ツールよりも早いのか?
単に Excelで計算する場合と比べ、計算速度10倍から100倍程度になります。詳しくは紹介資料をご覧ください。
Monaco は Excel上の自由な記述に対応した汎用ツールなので、問題に特化した専用ツールの計算速度には敵いません。但し、今後のバージョンアップで更なる高速化を行う一方、オプション機能の特殊な乱数の導入により専用ツールを凌駕する計算速度を達成します。
3.なぜ 100 万回、1 億回もシミュレーションをする必要があるのか?
リスク推定や品質管理では確率の低い、分布の裾部分が重要ですが、例えば 0.01 % の確率で生じる事象に着目する場合、1 万回のシミュレーションでは平均して1回しかこの事象が現れません。これでは十分な精度の分析は行えません。
一般にモンテカルロ・シミュレーションでは、精度を 1 桁上げるためには 100 倍のシミュレーション回数が必要になります。
4.100 万回のシミュレーションをしても、Excelでは結果を処理できないのでは?
確かに Excelでは 6 万 5 千行までしか扱えませんから、すべての計算結果をそのままの形で処理することはできません。
しかし、Monaco では結果を縮約する機能を持っていますので、Excelでもヒストグラムを描くなど結果を参照できます。 また計算結果は一旦、ファイルに出力されますので、すべての結果を得ることも可能です。
5.Excelの乱数は何が問題?
Excelの乱数は線形合同法という手法で生成しているので、周期が 9 桁程度と短い上に、乱数としても偏りがあると言われています。
Monaco の乱数は定評のあるメルセンヌツイスタ法で生成され、品質が非常に高い上に周期も 6000 桁以上あり、高精度なシミュレーションには最適です。
6.Excelとまったく同じ結果になるのか?
計算誤差のレベルで結果が異なる可能性があります。更に、乱数の質が異なりますので、この点でも結果の違いを生じます。Monaco では、組み込み関数についても乱数についても計算精度には十分、留意しています。
7.Excelのすべての関数に対応しているのか?
残念ながら、現時点ではすべての Excel関数には対応していません。
しかし、随時ご要望頂いた Excel関数は極力早期に対応しますので、お客様にご不便をお掛けすることはありません。
8.Excelの分析ツールに対応しているのか?
残念ながら、現時点では分析ツールには対応していません。
今後のバージョンアップで、ご要望の多いものから順次、対応して参ります。
9.Excelのアドオンに対応しているのか?
残念ながら、アドオンには対応していません。今後のご要望にしたがい、対応を検討して参ります。
10.うまく動作しない時のサポートは?
電子メール等により動作するようになるまでサポートを行います。社外に出せない Excelブックが動かない場合など、必要に応じ、都内近郊であればお客様サイトにお伺いしてのサポートも行います。
11.Monaco を複数の PC で利用できるか?
Monaco はご登録頂いた PC 以外ではご利用頂けませんので、ご利用になる PC の台数分ご購入頂くことになります。 台数割引などについては担当にご相談ください。