大学IR

大学IRは、Institutional Research であり、日本でいう企業IRとは別物です。
大学の諸活動に関する情報の収集と分析、その情報システムの運用と活用を効果的に行うことによって、大学経緯の意思決定に役立てることを意図して機能するものです。

大学IRにおける分析

大学IRにおけるキーポイントは、収拾したデータを如何に分析し、活用していくかにかかっています。 そのためには、数値データの分析にとどまらず、テキストデータを分析することはもちろん、その分析結果を用いて 計画を立ててシミュレーションを行うことで、活用の有効性やロバスト性を鑑みた本来の施策へもちこむことができます。
今や大学IRを大学経営に活用することは、必須条件となってきています。分析という根拠をもった施策を外部へアピールすることが、大学が大学として有り続けるためには必須な事項になりつつあるのです。

大学IRのための分析基盤

NTTデータ数理システムでは、例えば出席データや成績データなどの数値・カテゴリデータの分析にVisual Mining StudioVisual R Platform、 学生からのアンケートや各種書き込みなどのテキストデータの分析には、Text Mining Studio、 教室や受講条件などの条件を考慮した計画立案・最適化にはNumerical Optimizer、 そして実際のデータ活用の有効性を確認するシミュ―レションにはS-Quattro Simulation System を、大学IRのための分析ツールとしてご提供しております。
さらには、その統合環境としての Visual Analytics Platform は、分析のシームレスな連携の他、 Webブラウザでの分析実行の実現など、大学IRにおけるデータ分析・活用を支える基盤をご提供しております。




コンサルティング
株式会社NTTデータ数理システムはパッケージソフトの提供のみならず、データの分析技法のコンサルティング、さらには各業態に合わせたソフトウェアのカスタマイズ、トータルシステムの受託開発まで承っております。お気軽にご相談ください。
お問い合わせ
株式会社NTTデータ数理システムでは、長年にわたりビジネスの現場でデータの分析の業務に携わってきた専門スタッフを数多く擁しており、この経験と知識を皆様の大学経営のために役立てたいと願っております。大学IRでのデータの分析に関する、さまざまなご相談をお待ちしております。

お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。
お問い合わせフォームへ
TEL:03-3358-6681