受託開発

長年培ってきた数理科学の技術を基に、お客様のご要望に合わせた受託開発を承っております。
お客様が解きたい課題を弊社技術スタッフが一緒に課題整理を行いながら、ご要望に合わせたご利用形態でご提供いたします。



NTTデータ数理システム 受託開発の強み

数理的なバックグラウンドを用いた、PoCによる効果検証アルゴリズム設計は弊社が最も得意としている分野です。

お客様の業務課題に合わせたロジックを組むことが可能です。NTTデータ数理システムが開発した独自パッケージを活用した実装や、独自のアルゴリズム・最先端アルゴリズムを活用も可能です。ご要望をヒアリングし、いかなる難問に対してもお客様の業務で活用可能な姿を目指します。

また、スポットでの分析や数理コンサルティングも承っております。

データ分析・数理コンサルティングのページはこちら


受託開発の流れ

弊社が承っている受託開発の流れについてご説明いたします。
受託開発としては下記のような流れで進めていきます。

課題整理

データはあるから何となく何かやりたい…。
プロジェクト開始のきっかけはそれでも良いのですが、 現状把握・ゴール設定なしではそのプロジェクトは座礁してしまいます。
活用シーンをイメージしながら業務上の制約を洗い出すことも重要です。

プロジェクト開始時に検討しておくこと

現状分析 現状の業務の整理・理解も大事。例えば分析をする前には今あるデータの見える化・仮説立案等しておくことが重要です。
ゴール設定 業務のあるべき姿を描きます。 そのために必要なソリューションは何かを描きます(精度が○○%以上の予測モデル、等)
データの取得状況 現在データはどの程度収集できているか。今後新たに収集可能なデータは何かを検討します。
業務上の制約 マシンリソース制約(利用メモリ・OS等)や計算時間(夜間バッチで流したいから○時間以内)など業務に適用する際の 障壁となることを列挙し、ロジック検討する際の足掛かりとします。

また「お客様に結果の説明責任がある」 といった場合には、可読性の高いロジックを採用するなどといったことが必要になります。


ロジック・アルゴリズム開発

AI・機械学習・最適化などのソリューションをお客様の課題を解くためにモデリング致します。
数理モデルは自動的に出来上がるものではなく、問題のターゲット・目標を設定して実装していくことが肝心です。


ロジック・アルゴリズム開発の手順

ターゲット・目標設定 いきなり全展開は難しいケースなどにおいては、適用部署や問題設定を限定するなどのステップを踏むことが 大切です。
プロトタイピング ロジック・アルゴリズムはいきなり完成品を目指すのでなく、まずクイックに実装します。 数理ソリューションを活用したアプローチは事前に全ての要件を整理するのが難しいことが多い ため、少しずつ作成して足りないところ(精度や問題設定)を成長させていく手法をお勧めしています。
現状業務と並行稼働 一定期間、現状の業務と並行して試験導入を実施します。
ソリューションの妥当性を検証する最終ステップです。
メンテナンス 必要に応じて。

システム化・業務適用

お客様の業務状況に合わせて、適切なご活用方法をご提案いたします。

  • お手元のマシンで個人の方がご利用されるケース
    例えば、Excelなどのインターフェイス上で操作できる形でご提供いたします。
  • お客様が現在利用されているスクリプトから呼ぶケース
    インターフェイスを取り決めた上で、ロードモジュール・関数の形式でご提供いたします。
  • ウェブシステムや基幹システムの一機能としてご利用いただくケース
    NTT データグループ、その他SIer 企業様との協業でご提供いたします。


SIer 企業様との連携イメージ





数理コンサルティングセミナーへのお申し込み、その他ご質問はこちらから