1. HOME
  2. ユーザーコンファレンス

ユーザーコンファレンス

数理システムユーザーコンファレンス 2018

毎年ご好評いただいております、数理システムユーザーコンファレンスを今年も開催いたします。

日時:2018年11月22日(木)

会場:東京コンファレンスセンター・品川 (アレア品川 4F・5F)
https://www.tokyo-cc.co.jp/shinagawa/index.html

参加費用:無料

途中入退場可。 (ご興味のある講演のみご聴講可能です。)

数理システム ユーザーコンファレンスとは

弊社ソフトウェアユーザー様による事例発表、講演を通じて、ユーザー様間で情報の共有、知識の向上をはかっていただくとともに、 交流を深めていただく場となることを目的としております。さらには本コンファレンスを通じ、微力ながらも国内の科学技術振興に寄与することが弊社の願いでございます。
毎回、さまざまな分野での興味深い発表に、参加者のみなさまからもご好評をいただいております。

参加資格

弊社製品をお使いの方はもちろん、弊社ソフトウェアにご興味をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。
※競合会社様のご参加はお断りさせていただくこともございますが、予めご了承ください。

講演内容

講演プログラム (2018/11/01 時点)
ユーザーコンファレンス2018プログラム A4両面ちらし版

■ 基調講演

製造業における機械学習・IoT の適用とデータサイエンティスト育成
~ JFEスチールの事例紹介 ~
JFEスチール 株式会社
茂森 弘靖 様

■ 午後の講演

アパレルにおける購買履歴を用いた顧客データ分析
~ 経営に役立てるインサイト発見のために ~
株式会社 TSI ホールディングス
高橋 暁 様
クラスタリングの安定化と相互類似関係を考慮した
アソシエーション分析
~ データマイニング手法の困った問題への対処案 ~
情報・システム研究機構 国立情報学研究所
岩﨑 幸子 様
機械翻訳の応用分野:SQL 生成技術の紹介 株式会社 リクルートテクノロジーズ
牧 允皓 様
Visual Mining Studio を用いたデータ・マーケティングの実践 株式会社 東急エージェンシー
藤居 誠 様
因果関係を核とする課題解決プロセス
~ 業務課題の発見から BayoLink による分析まで ~
AGC 株式会社
小野 義之 様
Deep Learning を用いた効率的な特許調査 アジア特許情報研究会 / 花王 株式会社
安藤 俊幸 様
電気自動車関連の特許文書データから
AI 技術で導くインサイト
~ 確率的因果意味解析を用いた新たな分析軸の
自動抽出とその利用 ~
株式会社 アナリティクスデザインラボ
野守 耕爾 様
Numerical Optimizer を活用した JR システムの
勤務計画ソリューション
鉄道情報システム 株式会社
市川 瞳 様
医療・健康ビッグデータを対象とした VMS / VRP の活用 岐阜大学
紀ノ定 保臣 様
製薬会社におけるデータサイエンス事例 アステラス製薬 株式会社
角山 和久 様
データマイニングとテキストマイニングを用いた
健康経営実現のためのデータ分析
都築電気 株式会社
稲葉 隆士 様
ブレーンストーミングの時のメモ書きをテキストマイニングする DIC 株式会社
高橋 雅人 様
大阪ガスの現場業務を支える数理技術 大阪ガス 株式会社
小林 宏樹 様
社会シミュレーションへの誘い
~ AI 時代における社会シミュレーションの可能性 ~
早稲田大学
高橋 真吾 様
遊園地の混雑度シミュレーション 日本電信電話 株式会社
(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
清水 仁 様
シミュレーションで「個と組織」を理解する
~ 組織マネジメントへの応用に向けて ~
株式会社 リクルートマネジメントソリューションズ
仲間 大輔 様
VMS をエンジンとした製造現場向け予測検知ソリューション
『LOSS0 (ロッソ)』のご紹介
株式会社 NTC
西川 辰也 様
コヒーレントイジングマシン向けソフトウェアライブラリの
試作と活用
日本電信電話 株式会社
堀川 桂太郎 様
VMS による分析プラットフォームの
構築及び設備異常診断への活用
富士電機 株式会社
真鍋 章 様
順不同です。ご講演者様・タイトルは変更になる場合がございます。

数理システムユーザーコンファレンス 申込方法

お申込みが定員に達したため、ご登録の受付を締め切りました。

当日受付はございません。当日の講演内容は後日 WEB に掲載予定です。
参加をご希望で年間保守をご契約中のお客様はお問合せください。
【お問合せ先】 sales@msi.co.jp

学生研究奨励賞

弊社のソフトウェアを用いた、学生の学術研究の支援・啓蒙および発表の場の提供を目的として、学生奨励賞の制度を開催しております。 詳細は こちら