Visual Analytics Platform

ブラウザで簡単分析環境 VAP WEB Server

分析を共有

数理システムの各分析ツールをご活用いただくと、自由度高くトライアンドエラーを行いながらの分析が可能です。 分析担当者の方には、各分析ツールを日常の分析も含めさまざまな分析にご活用いただいています。 しかし、全ての人が分析ツールを使いこなせるわけではありません。 そのためちょっとした分析も分析担当者に依頼しなくてはいけないため、分析担当者の負担が日に日に増えているというお話も良く耳にします。
また、分析業務を日常化させるにあたり、定型のレポート作業を間違いなく実行するためのシステムを お考えの場合、そのシステムをスクラッチからの開発すると、多くの時間・費用がかかるというお悩みも お聞きします。

VAP WEB Server(VAPWS)は、分析者がトライアンドエラーの末に作成した複雑な分析も、GUIの設定のみで、 ブラウザ上で多くの人に使っていただける仕組みです。

VAP WEB server活用イメージ

分析担当者がVAP上で作成したフローがあれば、GUIで設定するだけでWebアプリケ―ションとして展開可能なため、 短期間・低コストで簡単分析環境を実現できます。

VAP上のGUIで設定

分析フローをブラウザ上のメニューに仕上げるには、VAP本体の Web公開設定画面 で行い、 ブラウザの管理画面で実行権限を設定するだけ。短期間で Webアプリケーション として展開可能です。

VAPからVAPWSのメニューを作成

ライセンス

VAPがバンドルする製品をお持ちの場合には、メニューの設定及びVAPWSのローカルブラウザからの接続のみでのご利用が可能です。

全てがローカルで実行する場合

外部のマシンからブラウザで接続する場合、VAP WEB Serverライセンスが別途必要となります(5NamedUserセットからご用意)。

外部マシンから実行する場合