1. HOME
  2. 製品
  3. Visual R Platform
  4. ver.1.8 新機能紹介

Visual R Platform ver.1.8 新機能紹介

新規アイコン

  • 時系列クリーニング(時系列)

    異常値、欠損値が多い時系列データに対して、系列ごと、変数ごとにデータのクリーニングを行うアイコンです。

    <主な機能>

    • 系列ごと、変数ごとに欠損値、異常値を補間する
    • タイムスタンプ列の指定により時間感覚を考慮した補間が可能
    • 内点(正常値が存在する範囲)の補間方法だけでなく、外点(正常値が存在する範囲外)の補間方法を指定可能

時系列クリーニング

アイコンの拡張

  • 正規化(前処理)

    複数の列をまとめてグループとみなし、グループ単位で正規化方法を指定する機能が追加されました。
    ある1つの系列のデータが、複数列に展開している場合に威力を発揮します。

その他

  • Rコードの実行方式の変更

    R言語によるコード(アイコン、ユーザー定義スクリプト等)の実行方式を変更しました。
    ユーザー側での変更は特に必要なく、とても長いプログラムでのアイコン実行がより頑健になりました。